目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

心を亡くす

仕事を始めて約10日が過ぎました。

ハッキリ言って、あまりにも心が?頭が?忙しく、

ブログを読むことも書くこともままならない日々が続いております。

契約時間は7時間のはずなのですが、

8回中1回しか7時間で帰れてなく、

毎回残業の日々。

日曜日はだいたい12時間拘束が当たり前らしく、

朝5時には起きて出勤準備、

6時過ぎに家を出て、

帰宅は18時過ぎ。

帰ってきてご飯を食べたら眠くなり、

やりたい勉強もままならず。

完全に自分のための時間を失くしております…。

 

タイトルの心を亡くすは「忙」という字を分解したもの。

 

以前は受付などの業務、今は事務。

でも、会社は一緒なので、

知っている人だらけで、

新しく入った感がまるで無く、

その辺のストレスは無いのですが、

とにかく自分の時間を持てない。

 

働き始めたということで、

とりあえず毎月の収入に不安を抱えるということは

無くなりましたが、

今度は時間を奪われたということです。

 

これから逃れる方法は、

ネットビジネスを成功させるに尽きると思います。

お金も時間も自由になる。

そんなのできっこないって思ってませんか?

絶対にできます。

私利私欲でまみれたマインドじゃ無理ですけどね(;^ω^)

 

私が今、目指しているのは『進化型アフィリエイター』です。

進化型アフィリエイターというのは、

人生の自由を自分でコントロールできる人で、

自分の生き方やあり方を通して、

他者(顧客)の可能性を開き、その人をも自由にする人

ということです。

 

私は英語の勉強はともかく、

それをビジネスとして始めることに近づいてみて

どうにも抵抗を覚えました。

ビジネスというと何となく印象が悪く、

しかもネットを使うので、

いわばネットビジネスになるわけで。

でも、ネットビジネスは神様が今まであくせく働いてきた

我々人間に与えてくれた神器の一つなのだということに

気づいてから、これは使わない手はないと思うようになりました。

 

どういうことかというと、

例えば、ネット上にある情報を置きますよね。

ブロガーもユーチューバーもそうですが、

そこに置いた情報というものは、

あえて消さない限りはずっと残り続けるわけです。

ということは、1年前に残したものが、

現在の誰かの役に立つということも、

未来の誰かの役に立つということもあり得るわけです。

 

私たちは誰一人、全く同じ人間という者が存在しませんが、

似たような経験をしている人はたくさんいます。

この経験というものが、

いままさにそれで悩んでいる人を解決に導く策となるわけですよね。

 

欲しいと思っている人のところに、

必要な情報を届けるというのは、

まさに愛のある行為だと思いませんか?

 

ネット上で知り合った人間関係で、

確かに怖い思いをする人もいます。

でも、それってリアルで知り合った関係ならあり得なかったのでしょうか?

確率的には一緒だと思います。

この世に偶然は無いからです。

すべて成るようになっているのです。

 

とかく我々は、問題を誰かのせいにしたがりますが、

それは大間違いなわけで、

この世はすべて自分が原因で起きていることなのですから、

そこにネットがあろうがなかろうが、

結果は同じだったということです。

 

なんでもネガティブに受け取ったほうが合点がいくのは、

我々の習性なだけで真実は違います。

こんなことをいうと反感を買うことは容易に予測できますが、

そろそろ自分の人生にみんなが責任を持ち始めてもいいんじゃないかと

思うわけでして(;^ω^)

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、

とにかく私はネット上に徳を積むマシンを繰り広げる

サトリさんの考え方に大いに賛同しておりまして、

【進化型アフィリエイター覚醒講座(EA講座&EAセミナー)】

で勉強している日々です。

(仕事を始めてからなかなか思うように前進できませんが)

 

特に上記のような商材を購入せずとも、

無料でかなりなことを教えてくれているのは

このFacebook上のオンラインサロンです。

 

高齢化社会で死ぬまで働かなきゃいけないような人たちも増えていく中、

スマホも普及してきているところで、これを学ばない手はないと思っています。

もちろん私も入っているこのサロン。

ism-asp.com

もしよければ一緒に学びませんか?

これは私利私欲のためじゃないということを

是非皆さんに知ってほしいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村