読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指すは世界征服ならぬ 世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

息子の偏頭痛

さて、13歳で偏頭痛を発症した息子ですが、

最初は部活から泣きながら帰って来て、

倒れこむように居間に入ってきました。

そして、そのまま、

過呼吸のようになり

あまりに急なことに驚いた私は、

あわてて救急車を呼びました。

とても暑い日だったので

熱中症なのかもと思ったのです。

 

救急車が来るまでは

意識があったのですが、

乗り込んでから病院に着くまでの間に

一度、意識が落ちました。

救急隊員の人が

「〇〇君、〇〇君…」と声をかけるのを

とても不安な気持ちで聞いていました。

 

病院に着くと、すぐに意識は戻りました。

先生の診断は

「軽い熱中症かな?」くらいのもんでした。

しかし、その後もずっと頭痛を訴えてくる息子。

とりあえず、1泊して様子を見ることになり、

病室に移ったとたん、嘔吐。

 

検査をすることになりました。

 

結果、私が子供のころに受けたのと同じで

体質から来る偏頭痛でしょうと。

脳に異常があったわけではなく安心しましたが、

息子は出産して体質が変わることはない訳で(-_-;)

 

やはり、痛みが出たら薬を飲むしかないような感じでした。

 

息子と私の偏頭痛の大きな違いはその頻度でした。

私はだいたい月1くらいだったのが、

息子はひどければ連日。

そうでなくても2~3日に1度くらいのペースで起きるのです。

 

そのたびに薬を飲む息子が心配になり、

(ちなみに私は薬が嫌いで飲まずに眠って治す派だったので)

いろいろ調べました。

ただ、その頃は「偏頭痛 対処法」などという検索ワード。

なかなかいいものには巡り会えませんでした。

 

そして、去年の夏、

私が潜在意識に興味を持ち始め、

いろんな本を読んでいくうちに

病気とは心の持ち方によって

さまざまに起きるものだということを知り、

今度は検索ワードを「偏頭痛 スピリチュアル」と変えてみました。

 

そうやって調べた中に

偏頭痛をスピリチュアルな側面からみた意味を知りました。

 

考えすぎて頭にエネルギーが溜まってしまっている状態

過度の緊張

他人からの過剰な期待

過度の野心、完全主義

頭が硬くて融通が利かない

心配しすぎる

あまりにも合理的に考えすぎて感情を使っていない

頭を酷使している

人生の流れに逆らっている

理想と現実、本音と建前の葛藤

きもちに余裕がない

自分を押さえ込んでいる

      ~ルーナ ヒーリングセラピーのブログより抜粋

 

という解釈に出会いました。

そして、うちの息子には特に太字の部分が

あてはまるような気がして、

中2になった息子に伝えました。

自分の信念を持っていることは

素晴らしいと思うけど

もっと柔軟な考え方をすることで

もしかしたらその偏頭痛もやわらぐかもよと。

 

息子は曲がったことが大嫌いな性格で

俗に言うヤンキーが許せないくらい嫌いなんです。

何でそんなに嫌いなのか

自分でもよくわからないようですが、

あんな奴らはあり得ない的なお固い考えの持ち主でした。

基本は今もそんなに変わってないのかもしれませんが、

 

「ヤンキーにはヤンキーになってしまうような

 いたたまれない状況があったのかもしれないよ。

 だから勝手な自分の見る角度で人を判断しない方がいいと思うよ」

 

……と、これはまた別な時に息子に話したことですが。

 

とりあえずこの頃から、

息子が偏頭痛に苦しむところを見ていません。

「偶然でしょう」とか、

「もしかしたら、発症した時のような猛暑の頃になったら起きるかも」

…とか言う声が聞こえてきそうですが、

今は起きていないのが現実です。

 

これは偏頭痛にだけ言えることではありません。

もしこのスピリチュアルな解釈を

素直に受け入れることができたら、

世に医療機関は必要じゃなくなるかもしれませんね。

極論ですが(^_^;)