目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

オシャレって誰のため?

いやー、ちょっとカテゴリーズレているかもなんですが。

一昨日、昨日とTuberで一人さんのお話聴いていたのですが、オシャレについてとても面白かったのでチラッとご紹介します。

みなさんはオシャレですか?
そして、オシャレなあなた、そのオシャレって誰のためにしてますか?

一人さん曰く、
オシャレは他人のためにするもの
だそうです。

自分の姿が1番見れないのって、自分ですよね。鏡や写真でも見ないと自分の姿ってわかりません。

私はオシャレって自分の為にするものだと思っていました。
だから、気分が乗らないときは別にこの服でいいやとか平気で投げやりになったり、潜在意識のこと学ぶ前なんかは、スカートなんて妊娠中くらいなもんで、いっつもジーパンで女っぽい服装がニガテでした。私には女らしい格好は似合わないとずっと思ってたんです。

それが、TBCに通い始め、少しずつ自分に手を加えることで何かが変わり始め、女であることを楽しみたいと思うようになったんです。スカートも履くようになりました。
着る服のニュアンスが変わるだけで、不思議と自分の世界も変わります(大げさな表現ではないはず)。だから、尚更、オシャレは自己満足の部類だと思っていたのですが。

身だしなみも含め、オシャレって、人のためにするものなんです。オシャレな誰かを見た時、イヤなカンジがする人っていませんよね(好みの違いはあるかもしれませんが)?

自分の姿を頭のてっぺんからつま先まで目にする自分以外の人たちに、不快感を与えないのはもちろんのこと、
「あの人いいな、見てるだけで幸せな気分になるな」
……って思ってもらえるように自分の見た目に気をつける。これも人に対する愛なんですね。

このことを知ってからの、私の鏡に向かう姿勢は変わりました。化粧をするモチベーションも、トイレに行くたびに向き合う鏡に映る自分のチェックも。

別に誰からどう思われてもいいや
……って思ってませんか?
実はそれこそエゴなんです。

悪口みたいになっちゃうかもですが、
仕事柄(スーパーのレジ)、だらしないカンジで太っている人が買い物カゴにポテチとコーラってのを見ると、「だらしないな、諦めちゃっててイヤだな」って思います。

一人さんから学んだ私の解釈の仕方での伝え方ですが、いかがでしょうか。