目指すは世界征服ならぬ 世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

五線譜のラブレター DE LOVELYを観た

WOWOWで録画しておいた2004年公開の
「五線譜のラブレター DE LOVELY」を
観ました。

主演ケビン・クラインが演じたのは
1900年代前半に活躍した音楽家の
コール・ポーター
コールが後に妻となるリンダと出会うところから描かれている。

妻のリンダ役はアシュレイ・ジャッド
俳優の年齢的に親子ほどの開きがあるのね。
アシュレイ・ジャッドはとーっても綺麗。
だんだん年老いてくる特殊メイクは
かなりのもの。
私はこの女優さんを知らなかったので
彼女の実年齢がとても気になった(*´艸`*)ァハ♪

コールはバイ・セクシャル
そのことをリンダは認めて結婚。
ちょいちょいコールの性癖が
リンダを苦しめたことはあるものの
ふたりの愛はとても強かった。

ミュージカルや映画音楽を手がけた
コールの半生記ということもあって
映画自体もミュージカル要素がいっぱい。
とっても楽しい映画でした。

特に私が気に入ったのは
コールのユーモラス。
いちいちオシャレでスマート。
表情もとってもステキでした(*´˘`*)♡

リンダとの夫婦愛は実に美しかった。
エンディングもオシャレ。
ロマンティックにも程があるやろぉ。

前情報一切ナシで鑑賞したのですが、
すごく良かったですよ。
五線譜のラブレター [DVD]