目指すは世界征服ならぬ世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

自分を好きになるということ~前篇~

みなさんは自分のことが好きですか?

 

好きですって胸張って言える人って

どのくらいいるんでしょうかね。

 

私は自分びいきなくせに

自分のことが嫌いな人間でした、数か月前まで(^_^;)

 

自分で自分の嫌いなポイントが多い人ほど

他人の言動にいちいち腹を立ててるんじゃないかと。

私もさすがにまったく無くなったわけではないですが

以前に比べるとかなり減ったと思います。

 

では、どうやって自分のことを好きになるんでしょう。

 

それはとってもカンタン。

以前にも出てきたキーワード「アファメーション」です。

アファメーションとは、前向きな短いフレーズを繰り返す

ことです。

 

私は木山愛深さんのここチェン講座で

毎日、自分のことを抱きしめて

「私は大丈夫、私は私のことが大好き」と

できるだけたくさん言うようにとあったので

なるべく実行しました。

 

はじめは、自分のことを好きじゃないから

抵抗があったし、何の意味があるんだろうってな

感想でしたが、これを繰り返しているうちに

何とも言えないほんわかとした

温かい気持ちになっていくのを感じました。

 

私は自分を抱きしめることに何となく感動が無く

朝、化粧をするときに鏡を見て

アファメーションを繰り返しました。

最初はどこかで「バカっぽいな」とか

思ってるんですけど、その壁を超えると

自然に笑顔でできるようになりました。

 

ちなみに今は、していません(^_^;)

 

なぜなら、唱えなくても

鏡で自分を見たときに

自然に自分を好きと思えるようになったからです。

 

顔にも体型的にも

そりゃ~コンプレックスだらけでしたよ。

でもね、そこをコンプレックスとして

とらえているから、そこばかりに注目してしまって

なかなか自分を愛せないんです。

 

コンプレックスだらけの私でしたが

昔は結構モテました(*^_^*)

 

数ヶ月前に職場の飲み会でのこと。

昔も同じ店で働いていたことがある

10コくらい年下の青果のチーフが

「あの頃はおとなしくて、きれいな人だなと思っていたのに

 こんなにおっさんキャラだと思わなかった」って言われたんです。

きれいなんてだれかに思われたことがあるとは

全く思っていなかったから、本当に驚きました。

ちなみにおっさんキャラは確かなことだし

言い返すことはできません(^_^;)

 

そして、今年の正月、

実家で弟や妹と話していたときのこと。

上記の青果のチーフに言われたことを言ってみると

弟が「俺が高校生の時に彼氏と学校に迎えに来てくれた時、

結構友達に言われたよ、ねーちゃん、きれいだなって。紹介してとか…」

まぢで???

全然初耳なんですけどぉ。

 

ま、いずれも昔の話ですがね。

でも、私は今の私が好きなんです。

鏡を見るとうれしくなっちゃうくらいにね。

これからもどんどん好きになれそうな気がします。

 

どうしてそうなったのかは

~後篇~で。