読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指すは世界征服ならぬ 世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

生きてきた時間( ̄▽ ̄)

お題「最近懐かしいと感じたこと」

 

勤務先のスーパーのサービスカウンターの中での会話。

 

主な登場人物:みきっぺ(43)ヒトミン(42)

オーディエンスの若い衆:まゆ(23)るなちゃん(バイト/18)

     

 バレンタイン売り場の飾りを製作しておったとです。

去年は、ハート形の風船をたくさん作って天井から

ぶら下げたのですが、

だんだんしぼんでいく風船たちを見て

「この店でチョコ買ったらあかん」的な

イメージがつく気がして

今年はいろんな大きさのハート形のクッションを

サービスカウンターのメンバーで作りました。

ちなみにみきっぺ、そこそこ手芸はやれます。

作成中の上記4人の会話です。

 

みきっぺ:私さ、中学校の時に家庭科でキットを使って

     ワンピースを作成するってのがあったんだけど

     ぜんぜんミシンが使えなくて

     仕上がりがガチャガチャで

     袖を通せばいいのかわからないくらいの

     ひどいものしかできなかったっさ。

     ってかね、昔のミシンはホントに難しかったんだよ。

     今のタイプなら私でもちゃんと作れたわ。

 

ヒトミン:昔の学校にあったのって、足踏みのやつだよね?

 

聴衆とみきっぺ:え?

 

みきっぺ:足で踏むってあれ(フットスイッチのこと)ね?

 

ヒトミン:ん~、じゃなくて本当の足踏みミシン。

 

みきっぺ:えぇ~?! そんなんだったけ?

     うちにはあったけど、学校で使った気はしないなぁ。

 

聴  衆:(相当なポカン顔)

 

みきっぺ:(聴衆に向かって)昔ね、フットスイッチじゃなくて、

     本当にこんなデカイ板みたいなのを

     (手で再現しながら)こんな風に波打つ感じで踏むミシンがあったのさ。

     

聴  衆:へぇ~?!

 

みきっぺ:(ヒトミンに向かって)ってか、うちら…だいぶ生きてきたね。

 

ヒトミン:え? まだまだ生きるよ。

     

 

ホント親子ほど年の離れた若いのと話すたびに

己の歴史を感じざるを得ません。

…なのに中味は全然伴ってないような気がして(^_^;)

 

懐かしいと思うものの古さにビックリしました。

 

ちなみに足踏みミシンを使って

昔々、靴屋さんで働いていたことで

ミシンが使える父が

小学校で使う私の給食袋を作ってくれたのを

思い出しました。

      

◆アンティーク 1920s SINGER(足踏みミシン)【中古】

価格:68,000円
(2016/1/15 01:43時点)
感想(0件)