読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目指すは世界征服ならぬ 世界平和じゃ!

自分の幸せ→身近な人の幸せ→世界平和

QLOOKアクセス解析

愕然 |゚Д゚)))

先日も少し触れましたが、

私には今では限りなく友達寄りですが、

でもやっぱり友達以上で恋人にはなれない

好きな人がいます。

彼を好きになって

もうすぐ7年です(′ ∀ `*)

 

私は彼より8コ年上でバツイチでふたりの息子持ち。

彼には私に子供がいる限りは付き合えないと

何度も言われてきました。

でも、こんな条件ってよくあることじゃないですか。

「子供という壁を乗り越えるほど

あなたのことを好きではないんですよ」と

言われている感じがしていましたし、

妹や友達に話すと、

「そんな男はやめた方がいい」と

よく言われました。

 

頭では私もそう思っているものの

どうにもこうにも

彼のことが忘れられません。

彼から頻繁に連絡が来ることも

忘れられない要因ではあったでしょうが、

本当にイヤなら着信拒否したりと方法もあったはず。

 

しかし、彼からの電話がほぼ毎日となった先月上旬、

部下に告白されたという話を

聞きたくないのに何度もされ、

ケンカみたいになり、

「もう電話しないし、LINEも消す」と言われ

売り言葉に買い言葉で私も

「うん、わかった、じゃあね(° 皿° ♯)」

なんて感じで別れました。

 

もう、お互いに気持があることを確かめてから

6年もたったのに、いまだに恋人にさえなれない。

でも、彼を忘れることも

他の人を好きになることも出来ない。

そんな状況に正直、嫌気もさしていました。

 

でも、つい3日ほど前に、

どうして彼との間が進展しないのか、

その一因がわかった気がしました。

 

バツイチ子持ち同士で再婚するカップルの話になり、

自分が何気なく放った言葉に愕然としました。

「子持ちの人なんて絶対無理」って。

 

私自身が、そういう人だったってことです。

彼を責めたりする資格は全く、

ほんのみじんもないことに、

瞬時に気づかされました。

彼は私の鏡だったみたいです。

 

きっと

今年の夏前の私なら、

何気なく言った自分の一言にすら

心を止めなかっただろうと思います。

 

今は、

彼に執着することなく、

「いつか彼みたいな人と幸せになれたらな…」

て思ってます。

 

先日の電話の後、

その後の彼が気になった私は

2回、彼に電話をかけました。

でも、彼は電話には出ません。

「ま、いいか」と

思っていたところ、

今日、電話が来ました。

 

先日、

彼自身が私に電話してきたことを

覚えてない言います。

 

相当酔っぱらって電話をかけてきたのかどうかは

どうでもよくなってきました。

それよりうれしかったのは

彼が私の電話番号を覚えていてくれたことです。

彼が暗記している電話番号は

彼のと私のだけと言っていました。

私は実家のような存在だそうです。

それって、嬉しいことですよね。

 

ちなみに、

彼は、私の子供が嫌なのではなく、

彼の経験上、

子供を自分が傷つけてしまうのが、

嫌なんです。

私のことより、

子供たちのことを考えてくれる。

だから、彼は、

とてもイイ人なんです( ᵕᴗᵕ )♡